うこそ!

苦しい中、このサイトを見つけられた、あなたは本当に幸運です。

精神病で苦しまれている、あなたに朗報です。

わたしの意識の持ち方を学び、あなたが出来る限りの行動をおこなえば精神病を克服できます。
わたしは精神病を克服した第一人者として断言します!

 

精神病克服サイトを運営している、判田敬介と申します。

 


ツイッターではKEISUKEと名乗っております。いつも応援してくださりありがとうございます。



このサイトは精神病患者全般の意識改善サイトになります。
癌や糖尿病、怪我や障害の治療法などは掲載しておりませんが、どなたが見られても意識の改善に貢献できる内容になっていると、自負しており情報提供しております。


ここでは精神病を克服する意識の持ち方を公開しています。

 

自分の考え方を改め、改善させる、治す、完治する。そういう前向きな方のみ私のサイトを利用してください。

 

 

【精神病を治すという意識の中でかなり重要な話をします】


コンパスの話と病気の話


滝を見るために山登りに行っ
た話を例にして説明します。想像しながら読んでみてください。


コンパスは写真に写っている東西南北を矢印の指標で示す道具です。

あなたは山登りにいくためコンパスを数日前に用意したとします。


山奥の滝を一目見に行くため地図とコンパスがあれば準備は整ったと信じて山登りに行きました。

 

 

しかし、コンパスの方角通りに進んでいるのに一向に滝は見えません。


どうやら、山奥で迷ってしまったようです。


ここであなたはコンパスが壊れていて
目的地の方角が分からなくなってしまったことに気づきました。


あなたは目的地が分からなくなったので、勘で行動するか、
何か目印をマーキングしながら自分の信じた方向へ進むしか手段はありません。

 

 

※わたしはこれを昭和脳と呼んでいます。考え方が古すぎます。
今は平成ですが、いつの時代であれ、今の時代に合わせた対処の仕方があります。

 


■もしコンパス以外の指針になる道具をもっていた場合


例えば、スマホやポータブルカーナビなどを持参していれば
GPSの位置情報をもとに、あなたの行動は冷静に目的地にたどりつく方法が分かったはず。

 

もし、GPSが拾えなかったとしても、時間と太陽の位置関係で東から西に進む、そういう知識があれば、行動も冷静な対応が出来ていたことでしょう。


これは、コンパスの話で例えましたが、病気の人もコンパスのような指針のみを頼りに生きている方が多いと感じるので、
この辺りを詳しくお話します。

 

 

まず、1つだけ考えてみてください。


それは病気になっている人は目的地を明確化できていないということ

 


え?どういうことですか?判田さん。わたしは治そうとしていますよ?

 

 

じつは、あなたが病気になっていて「私は病気だから治すんだ」そう思われていることが一番治らない原因なんです。

 

これはひじょうに重要な意識の持ち方なのでメモを取るなり、口に出すなりしてほしいとおもうのですが

 


【治すと考える】
  のではなく
【正すと考える】


病気を治そうとして、始めは病院に行って見てもらったのだと思います。
ですが、何時間も待たされ、治療というのは時間がかかるもの。通院は何度もして治すもの。


そう感覚的に思われているのだと思います。治すという意識から遠ざかっていないでしょうか。私はそこに氣づいてほしいのです。

 

そうして長い月日が経ち、いまでは精神病に通っているけど、やる気も起きないし、眠いしで本気で治すという氣がほとんどないのかもしれません。

 

みんな楽しそうにしてるのになんで私だけ。安心してください。

 


 

あなたに分かりやすく説明するためにグラフを用意しました。
まず、このグラフを見てください。

 

*スマホ、アイフォンなどは指で広げるように操作すると拡大します。

 

これは厚生労働省の精神疾患を統計で表した公式データです。

 

厚生労働省の公式データを見るとH26年の段階で

 

日本の精神疾患患者数

統計390万人以上

 

 

 

 

現在は統計は公開されていませんが、右肩上がりは止まっていないでしょう。

 

 


それはどうしてでしょうか?

 

 

その原因は病気になっていると病名で医師に指摘されているのにその病について本人が本気で正そうとしていないからです。


少しきびしいことを言ってしまいましたが、
まず、落ち着いてください。

 

冷静に考えないと、本当に精神病は対処できません。すぐに悲観的になり脳が暴走を始めてしまうからです。

 

私は精神病を治してきた経緯から精神病を治す手段、方法を様々体験してきて正すにフォーカスした意識の持ち方を分かりやすく伝えることに成功しました。

 

今、あなたにこの話をしているのは、私が死の淵から立ち上がっているから私の信念であなたにお話しています。

 

治療という概念からいくと本人の意識の変化が一番の治療だと私は考えています。ですが、根本的な意識の治療をしようとしている人が周りにいないので私は考えました。

 

少し考えましたが結論はすぐにでました。

 

ないのなら自分で作ろうと

 

そこで、私は精神病で同じような人はたくさんいることを病院で入院していたころから知っていたのでこの苦しみから解放できる唯一の手段を精神的に病んでいる方を対象に本気で意識の重要性について、なまの声の共有したいと考えホームページを立ち上げました。

 

今の社会はネットなどで選択肢も増え、スマホやテレビなどで外部から勝手に入ってくる情報にすぐに目や耳で意識を傾けてしまいがちですが、結局は自分の内面の意識の持ち方、そしてその意識の持ち方をもとに行動に移したひとのみ、病気という問題を解決していくことに私は氣づいたのです。

 

振り返ればいつだって自分が歩み築いてきた一本の道が今に繋がっています。

 

私が最大限にあなたに伝えたいのは
人に褒められる道よりも、自分が喜べる道をあなたが選択すべきことなのです。

 

 

意識の持ち方のベースはこちら
(*無料で公開していますが
10万円以上の価値がある情報、知識をわかりやすく今見ているあなたに説明しています)

判田敬介さんの詳細はこちら